ローンの返済総額の計算方法について

自動車を購入する場合に、ディーラーが勧める自動車ローンを利用するという人は多いと思います。

すべての手続きをディーラーが行ってくれるので非常に楽ですし、滞りなく手続きが進むため非常に手軽と思っている人も多いでしょう。

しかし、その計算方法をしっかりと理解しておかないと、無駄に高い利息を支払わされる可能性もあるので注意が必要です。

自動車ローンには、自動車会社が設定しているもの、銀行などの金融機関が用意するものなど様々あります。
またその返済方法や返済額もいろいろと違いがあります。

その為、まずはそれぞれの特徴を良く比較し、実際に計算方法を確認して返済額を計算してみることが大切です。

自動車ローンには利息が設定されており、この利息の計算方法も年利、複利といろいろあります。
複利とは利息を含めた返済額にさらに利息が付くという計算方法のため、利息の数字は小さく見えても実際には金額が大きくなることが有るので注意が必要です。

利息の数字だけを見て比較しても、実際には高くなってしまうという事も有るのです。

最近では自動車ローンの返済シミュレーションがネットで簡単にできますし、銀行などでは専用のホームページなどでシミュレ

ーションができるものもあります。

頭金が幾ら、月々の返済額は幾ら、ボーナス月の支払いは幾ら、と金額を入力するだけで簡単に計算ができます。
これらを利用して金額を比較し自分に合った自動車ローンを選ぶことが大切です。